タクシーメーター

タクシー会社様、個人タクシー、介護タクシー、ハイヤー等へ設置する「タクシーメーター」取り付けをご検討されている方は、関西アローへご相談下さい。

タクシーメーターを取り付ける際には「地域ごとの運賃の設定」や「検定への対応」など 特別な技術や知識を要するため、専門のタクシーメーター取扱店に依頼をかける必要があります。

近年ではETCシステムやドライブレコーダー等の新しい機器との連動性も標準化していますので、 タクシーメーター取り付け業者を選ぶポイントとして、 「実績があり、将来長く関わっていける」業者選びが必要です。

関西アローは、昭和58年からタクシーメーターのパイオニアである矢崎総業鰍フ特約販売店として設立した長年の実績はもちろん、 ETCやドライブレコーダー、アルコールチェッカー、運行管理システム等、 最新機器の導入、タクシーメーターへの各種機器の連動にも迅速な対応を行っており、 お客様の必要なニーズにお応えできるサポート体制を誇っております。

また、タクシーの料金体制の違いで自社対応ができない場合にも、 長年の実績よる全国のグループ会社や協力会社をご紹介可能ですので適切なアドバイスをすることが可能です。

今後考えられる料金改正や消費税改定時の対応はもちろん、 運行管理システムの構築や、オプションの取り付けなどもトータルで行っております。 また、社員様への研修会の実施など、長年の実績のある関西アローならではのフォローアップ体制も十分に取り揃えております。

タクシーメーター装置検査設備

大阪府認定のタクシーメーター装置検査施設を完備し、
大切なお客様のタクシーメーターを日々適正に検査しております。

写真 写真

介護タクシーにおけるタクシーメーター

介護タクシーにおいても、一般のタクシーと同様「距離制による運賃の収受」を行う場合には、タクシーメーターを取りつけなくてはなりません。

介護タクシー用の特別なものがあるわけではなく、 一般タクシーに取り付けられている物と同様のタクシーメーターが必要です。

上記にも記載しておりますが、 タクシーメーターを取り付ける際には「地域ごとの運賃の設定」や「検定への対応」など 特別な技術や知識を要するため、専門のタクシーメーター取扱店に依頼をかける必要があります。

近年ではETCシステムやドライブレコーダー等の新しい機器との連動性も標準化していますので、 タクシーメーター取り付け業者を選ぶポイントとして、 「実績があり、将来長く関わっていける」業者選びが必要です。


関西アローでは、介護タクシーへのメーター等設置も多く経験しております。
介護タクシー業へ新規で参入される方でタクシーメーター検定の事などでご不安がある方へも、 適切なサポートを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

▲ページトップに戻る